Make a CHANGE Day EC-SHOP

第1回 Make a CHANGE Day 2009年11月22日(日)開催 参加者募集中!

参加団体/活動レポートの詳細


※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
参加者名 ‘ふるさとの原風景再生プロジェクト'太市の郷 ‘ふるさとの原風景再生プロジェクト'太市の郷
切り取った竹を運び出している様子。
連絡先 姫路市太市中62番地
電話番号 079-269-0707
E-mail oichi_no_sato@yahoo.co.jp
ホームページURL --------
活動名 桜山公園竹林で、竹の間伐作業を!
活動場所 兵庫県 姫路市太市中広狭[桜山公園] 荒廃竹林 集合場所:自然観察の森 バス停下斜面ち駐車場
活動日/時間 活動日:2009年11月22日
時  間:10時 ~ 13時(3時間)
活動参加人数 16人
活動分野 森林を守る
今回の活動は? 2回目以上
活動内容 先月に続き、繁茂したり立ち枯れとなった竹の伐採を行いました。将来は‘体験筍掘りエリヤに'の計画に見合った、竹勢と竹間隔を考慮しながらの整備作業です。切り出した竹は、竹林廻りに竹柵を設ける材料とする為に枝払い、竹幹・笹枝の仕分け整理、と分業手分けしての活動となりました。休憩時には、切取った竹で器をつくり甘酒を振る舞いました。外地からの参加者には好評で、皆おみやげとして持ち帰りました。
質問1 活動の目的を記入してください。
市が買い上げた公園地の一画が長期に放置されて荒廃。多数あった山桜が、鬱蒼となった竹藪に飲み込まれ枯渇しています。 繁茂した竹を除伐して、季節には桜を愛で、筍掘り体験ができる場に甦らせる。自然豊かな郷里を、次代の子どもたちに?いでゆく--------。
質問2 今回の活動で、学んだこと・発見したこと・出会いなど、アピールしたいことを入力してください。
今回の活動エリヤは (体験筍掘り場計画用に!)ほぼ予定どおりの進捗で、後は細かく
調整しながら土入れ作業などをすすめて行けば、近い将来は良い竹林環境に戻せる見込みが出来てきました。 活動計画を市のホームページや広報でも紹介していただき、地域外からの参加者も現れて今後の励みになりました。また当日の活動をラジオ・新聞などに取り上げられ、次月の参加申込みや問い合わせなどの反響があります。 12月からは、竹影になり朽ち果てようとしている山桜廻りの保全整備を計画しています。「一人でも多くの賛同者が得られて、美しい里山景が取り戻せるよう力を貸してもらいたい。」と思う機運がでてきたと喜んでいます。
質問3 今回の活動で、何か変化がありましたか。何についてでも構いませんので自由に入力してください。
太市郷の特質は、兵庫県産筍の91㌫を産出する地域です。しかし農の不採算や担い手の高齢化で、放置竹林が後を絶ちません。乱れた景観は地域に生きる人々の力を萎えさせます。荒廃した竹藪には、外部者からゴミの不法投棄や筍盗掘、それに獣害などを誘発しています。
またこの地は古代路の山陽道が通じ、往古から桜山(桜峠)と呼ばれていたところ。雑木林に多く自生していた山桜が、今は放置により繁茂侵食してきた竹の陰で枯渇してしまいました。
豊かなみどりと潤いある里地に戻し、郷里を美しく風格のあるものにしたい。自然と共生の意義について理解を深め、未来に引き継ぐ努力をしたいと思います。
質問4 今回の活動をこれからどのように発展させたいと考えていますか。
保全整備された竹藪で、筍掘り体験イベントをなど企画。都市市民に開かれた竹林公園を創生。
間伐された竹材で柵架けを行い、ゴミ投棄の防止や進入阻止、そして竹の郷景観の演出も図る。
荒廃林が整備されて山桜の枯亡を未然に防ぎ、かつての桜を楽しむ里山景観が甦る。誇りある郷里の原風景を再生することができ、地域が活性化する。