Make a CHANGE Day EC-SHOP

第1回 Make a CHANGE Day 2009年11月22日(日)開催 参加者募集中!

参加団体/活動レポートの詳細


※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
参加者名 刈谷市民会議 刈谷市民会議
みんなでEM液を練り込んだ米ぬか団子作り
連絡先 刈谷市新栄町2-28 杉浦仏壇店内
電話番号 090-3383-0300
E-mail butudan@katch.ne.jp
ホームページURL --------
活動名 薬師川浄化活動 ~川を浄化し水生生物を増やそう!~
活動場所 愛知県 刈谷市住吉町1丁目「刈谷市高齢者福祉センター(ひまわり)駐車場」横、薬師川に架かる「弥陀坂橋」付近
活動日/時間 活動日:2009年11月23日
時  間:10時 ~ 12時(2時間)
活動参加人数 6人
活動分野 水辺を守る
今回の活動は? 2回目以上
活動内容 薬師川のヘドロ等の汚れを除去するために人体に有用な微生物群(酵母菌・乳酸菌・麹菌等約80酒類、略称EM;Effective Micro-organisms)を投入し浄化した。
①あらかじめ作っておいた300リットルのEM液を弥陀坂橋から投入した。
②2か月前に作って乾燥させておいたEM液を練り込んだ「米ぬか団子」約200個を弥陀坂橋付近から川へ投入した。
質問1 活動の目的を記入してください。
薬師川は、昔は水遊びや魚とりが出来るくらいに清いで、夏休みには子供達の歓声が絶えないような川であった。ご多分に漏れずこの川もヘドロがたまりどぶ川のようになり異臭もしていた。
この薬師川の水質浄化を行い、下流の「下り松川」「猿渡川」「逢妻川」「衣浦湾」に好影響を与え魚を含む水生生物の増加に役立たせるとともに子供達が気楽に入って遊べるような川にしたい。この活動は生物多様性の維持にも貢献する。
質問2 今回の活動で、学んだこと・発見したこと・出会いなど、アピールしたいことを入力してください。
以前からのEM液や米ぬか団子の投入活動で異臭は大分少なくなっていたが、なかなかヘドロの除去までは進んでいなかった。それで前回は団子を川へ投入するだけではなくて、ヘドロを含んだ土へ団子を深く踏み込ませることを行った。今回その効果が出てきてヘドロが砂地に変化していた。これがさらに進んで行けば浄化作用が加速され砂地が増えると考えられる。
更に川下からボラの溯上が確認された。約20cmに成長しており約30匹観察された。今後も浄化が進めば他の種類の魚やエビ類等の水性生物が増えてくることが期待される。
有用微生物の力がヘドロを浄化して砂地にし、植物を甦らせてボラを溯上させた効果があったと考えられる。
質問3 今回の活動で、何か変化がありましたか。何についてでも構いませんので自由に入力してください。
晴天に恵まれて、以前この場所に植えたコスモスが満開の中で活動を行った。
有用微生物群という酵母菌・乳酸菌・麹菌等の微生物の力を借りての浄化作用であり即効性は望めないが継続していくことによってヘドロを浄化し砂地に変え、そこに植物が育ちボラが溯上するといううれしい姿が見えてきている。この活動を進めてきて更に今後の力を得た思いである、更にこの浄化活動を続けていきたい。
今回はMake a CHANGE Dayということで、この活動の主旨に賛同された女性も参加し華やかな雰囲気の中で活動を行ったが、今後も活動をPRして多くの人々の参加を得ていく必要性を再認識した。
質問4 今回の活動をこれからどのように発展させたいと考えていますか。
今回は特にMake a CHANGE Dayに参加したことにより女性2人の参加を得ることができて良かった。
今後この河川の浄化活動を更に効果が上がるようにするためには、地道ではあるけれど浄化活動そのものを継続的に進めていく必要があることと、この活動をPRして参加者を増やしてみんなの力を借りる努力が必要であり、Make a CHANGE Dayのような大々的な行事に便乗させてもらい、賛同者を更に増やすとか他のグループとのコラボレーションで大きな力を得て、この浄化活動を推進し自然を取り戻したいと考えている。そして、子供達に良い環境を残して豊かな感性を持った人間に育って欲しいと考えている。