Make a CHANGE Day EC-SHOP

第1回 Make a CHANGE Day 2009年11月22日(日)開催 参加者募集中!

参加団体/活動レポートの詳細


※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
参加者名 特定非営利活動法人ゆずりは学園 特定非営利活動法人ゆずりは学園
森のセラピーで子どもたちの居場所作り
連絡先 田原市田原町池の原15-3
電話番号 0531-22-3515
E-mail kutsuna_ike@yahoo.co.jp
ホームページURL http//www.geocities.jp/ikenohara21/
活動名 森のセラピーで子供たちを支える
活動場所 愛知県 田原市野田町田尻22-4、野田町スルゴ70 ゆずりはの森
活動日/時間 活動日:2009年11月21日
時  間:10時 ~ 15時(5時間)
活動参加人数 38人
活動分野 環境教育
今回の活動は? 2回目以上
活動内容 ツリーハウスの周りを整備し、レンガ運びをし、雑木の伐採をし、倒れた木を始末し、食事を作り、仲間づくりをしならがらともに動き、森の中の居場所作りに参加した。
質問1 活動の目的を記入してください。
森のスクールを始めたとき、木と木との間隔とか木の高さの意味とかをジョンギャスライトさんに教えてもらいながら森の学校を作ってきた。自然環境の保護の活動が同時に子どもたち・青年の居場所作りになり、さらには鳥が生息し、小川を整備することで下の集落を水から守ることにもなってきた。今回はツリーハウスの完成にめがけ、子どもたち・青年・地域の住民が力を合わせ、森の環境作り活動に参加することで支援の輪を広める。
質問2 今回の活動で、学んだこと・発見したこと・出会いなど、アピールしたいことを入力してください。
不登校気味の生徒も多く対人関係を苦手としている子ども、青年も多い。彼らが人間をあまり意識しないで自然の形で行動できるには広い場所が必要である。
実際今回の活動も地域の住民をはじめ、ボランティアの人々との共同作業であるにもかかわらず、子どもたちは緊張もせず、集団から離れることもなく、ボランティアの人と話したり、同じ作業に参加できたことはよかったと思う。
質問3 今回の活動で、何か変化がありましたか。何についてでも構いませんので自由に入力してください。
毎回参加する人が違うが、今回も若い人たちがいろいろなところから集まってきてくれて、さまざまな活動を協力してくれた。台風18号の影響で海岸清掃の作業も増えてしまったが、人数と役割を考えた後ではすぐに行動できた。多くの作業があることも大事で、自然環境の保護は毎年100名の人による手作業が必要なだけに、毎回の作業でもいつも作業内容が変わる。雨が降ればそのあとの作業が変わるように、今回も台風の影響で木々が倒れたりしてその後片付けもあり、かえって動く姿が見られた。
質問4 今回の活動をこれからどのように発展させたいと考えていますか。
11月22日、11月29日は台風18号の三河湾の被害がすごくて、海岸清掃を行った。こちらのボランティア参加は22日が18名、29日は50名になった。21日も昼からの作業ではあったが、その活動の中で「毎月1回は海の清掃に参加できるくらい海も汚いですね」という意見が出た。
森の里山保全も多くの人の力がほしいし、海岸清掃などの自然を美しく守るのにも人の手と意識が必要だと思う。こうした活動をすることで、子どもたちや社会への引きこもり青年が外へと自立できるよう支えていきたい。