第2回 Make a CHANGE Day 2010年10月23日(土)開催 参加者募集中!

参加団体/活動レポートの詳細


※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
参加者名 社会福祉法人 岡崎平和学園 社会福祉法人 岡崎平和学園
見えない所こそゴミは多い。人の心の汚さ。
電話番号 0564-22-4220
E-mail --------
ホームページURL http://www.okazaki-heiwa-gakuen.jp
活動名 地域ボランティア
活動場所 愛知県 岡崎市 社会福祉法人 岡崎平和学園
活動日/時間 活動日:2010年10月24日
時  間:09時 ~ 11時(2時間)
活動参加人数 35人
活動分野 自然・環境保護,防災・災害援助
活動内容 日頃より支えて頂いている地域の方々やボランティアの方々へ、お返しできる事は何か考え、行動に移す事をし、改めて自分達が支えられている事に気付く。また、地域や自分の環境を守る事を意識し、伝える。
質問1 活動目的について記入してください
施設の子ども達が通う小中学校の通学路と駅周辺のゴミ拾いと、出合った人への挨拶運動を行う。また、この活動をスタートに、日頃より花の種を集め、年間を通して育て、来年、通学路や駅に花を置く活動をする。
質問2 Make a CHANGE Dayに参加してどうでしたか?活動を実施してどうでしたか?
参加して思った事は、きっかけに続けよう!日々の生活に活かそう!と意識を持って意図的にやれば、どんな活動を通しても人は変われるきっかけになるという事を実感しました。あとは、一歩踏み出す力は、一人より複数であれば、やれてしまうという人の力のすごさを実感しました。
質問3 今回の活動にこめられた想い、学んだこと、発見したこと、出会いなどアピールしたいことをご記入ください。
施設で生活する子ども達、職員は実に多くの方々の支えの中で生きています。一般の人も同じなのかもしれませんが、ボランティアという人への投げかけを通して、支援の大変さや、課題を知る事で、日々自分が当り前に生活している事の大きさ、人から地域から支えられている実感をこのMake a CHANGE Dayをスタートに何年かけても考えていきたいと思います。家庭という身近な支援を受けられない子ども達だからこそ、多くの力、支えを感じて欲しいです。ボランティア内容は、施設の子ども達の考えや、思いのみで作られたものです。一人一人自分にできる事、やりたい事を考えました。中には道に落ちている犬のフンも拾っていきたいと考え行動に移す子もいました。大人にも考えつかない発想と行動力など、子どもの力も感じる事ができました。花を育てる事、挨拶運動、ゴミ拾い、みんながやるから一歩踏み出せた。これを機に日々に活かしたいです。
質問4 今回の活動で、何か変化がありましたか
今が秋という事なのか、道や学校などで、何か分かりませんが種を持って帰って来ます。そして、それを育てたいという気持ちも出ています。ものから生き物へという気持ちの変化と育てること、自然の力強さを学べるといいです。今回のゴミ拾いでは、燃えるゴミ18.8㎏、燃えないゴミ53.4㎏、ペットボトル2㎏と、とても多くのゴミが拾われました。そしてそのほとんどが木の植え込みなど見えない所のものでした。見えないならいいのかの声が子どもから聞けたのが良かったです。また、休日に子ども達と職員が一緒に2時間ゴミを拾い挨拶をしながら歩くという状況が、日々の生活にはなくとても清清しい。またやりたいとの思いを強くしました。