第2回 Make a CHANGE Day 2010年10月23日(土)開催 参加者募集中!

参加団体/活動レポートの詳細


※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
参加者名 アイシン精機株式会社・さわやかふれあいセンター アイシン精機株式会社・さわやかふれあいセンター
「しあわせなら手をたたこう」を歌いお別れ
電話番号 0566-24-8033
E-mail mie-n@engin-t.aisin.co.jp
ホームページURL http://www.aisin.co.jp/index.php
活動名 アイシンさわやかふれあい講座 「お手軽マジック」「はじめてのバルーンアート」
活動場所 愛知県 ①刈谷市原崎町2丁目408-1 ディサービスセンターなのはな ②刈谷市刈谷市小垣江町新庄3医療法人)光慈会) 介護老人保健施設かりや
活動日/時間 活動日:2010年10月22日
時  間:13時 ~ 15時(2時間)
活動参加人数 50人
活動分野 社会福祉
活動内容 ・講座は全3回、毎週1回とし、会社の施設、市の施設で開講。必要な用品類は手渡しして、手作りのマニュアルを準備しました。
・講座終了後すぐに体験会(2回)を案内し、ボランティアへ誘引しました。
質問1 活動目的について記入してください
社員のボランティア推進と地域支援及び交流を目的に、ボランティアのツールとなる「マジック」と「バルーン」講座を開講。講座終了後は体験会をし、楽しさを体感しながら地域のみなさんに喜んでもらいます。
質問2 Make a CHANGE Dayに参加してどうでしたか?活動を実施してどうでしたか?
講座で習得したばかりのマジックやバルーンに訪問先施設のお年寄りの方が子どものように驚き喜んでくれる様子に参加者が汗だくでそれに答えようと一生懸命技を披露する姿に感動しました。お年寄りの方の表情がバルーン、マジックを披露するごとに明るくなりました。お別れとなったとき「またきてね」と力強く握手してくれ参加者から体験会だけでなく定期訪問したいという声があがり、本講座の目的の「はじめの一歩」となりました。
質問3 今回の活動にこめられた想い、学んだこと、発見したこと、出会いなどアピールしたいことをご記入ください。
本講座は企業と地域の団体のコラボレーションにて企画段階から意見交換・提案などそれぞれの得意分野で協働し開講しました。「バルーン」「マジック」は今までボランティアに縁のない人にも興味をもってもらえ定員を超える多数の参加者となりました。講座では「マジック」「バルーン」の技術の習得だけでなく人前で披露する楽しさも学びました。参加者同士(社員、地域の方)の交流もあり、仲良くなった仲間での施設訪問体験会はボランティアを始めてする人にも無理なく参加でき、「ボランティアをしてあげる」というより「自分も楽しいことをして、人にも喜んでもらえる」体験となりました。施設訪問先のおじいちゃん、おばあちゃんのお顔がバルーンやマジックを披露するごとに明るくなり、参加者は「自分のバルーン(マジック)で人に喜んでもらえる」ことに喜びを実感したことで次のボランティア活動へとつながっていくことと思います。
質問4 今回の活動で、何か変化がありましたか
自分の技を披露し、それが人に喜でもらえる楽しさを体感した参加者から体験会だけでなく施設訪問を継続したいという声が挙がりました。また、施設からも「お年寄りの方がとても喜んでいて、また来てほしい」という要望を受け訪問活動を継続していく予定です。
また、既にボランティア活動をしていた講座受講生は活動で習得した「マジック」「バルーン」でより活動に幅ができたということです。
本講座を再び開講してほしいという希望を受け定期講座として開講を予定しています。本講座によりボランティア新人が増えて施設も現在の2施設から少しずつ増やして地域に溶け込んだ活動を継続していき笑顔の輪を広げていきます。