第2回 Make a CHANGE Day 2010年10月23日(土)開催 参加者募集中!

参加団体/活動レポートの詳細


※画像をクリック頂くと拡大表示されます。
参加者名 「みんな違って、みんないい・・・みんな一緒!」実行委員会 「みんな違って、みんないい・・・みんな一緒!」実行委員会
熱気に包まれたステージのフィナーレ
電話番号 080-6019-5300
E-mail info@voluntas-npo.com
ホームページURL --------
活動名 みんな違って、みんないい・・・みんな一緒!
活動場所 山形県 庄内町文化創造館「響ホール」 (〒999-7781山形県東田川郡庄内町余目字仲谷地280)
活動日/時間 活動日:2010年10月31日
時  間:10時 ~ 17時(7時間)
活動参加人数 800人
活動分野 社会福祉
活動内容 障害のある人もない人も同じ空間で楽しみながら、歌や踊りなどを体感し、感動を共有します。◎映画上映(自閉症児がテーマ)◎シンポジウム「障害を持っていても安心して暮らせる環境づくり」◎舞台◎バザール
質問1 活動目的について記入してください
障害を持って生きるという事を理解するには、知識だけではなく「ともに生きる」という体験が必要です。ノーマライゼーションの社会実現に貢献し、「心のバリア」をなくしていきたいという思いで開催いたしました。
質問2 Make a CHANGE Dayに参加してどうでしたか?活動を実施してどうでしたか?
今回参加して、私達の活動を山形県内だけでなく、広く全国の方達に知っていただく事が出来たと思います。私達の活動は、県内だけでなく全国各地でも広がっていければと思っています。「Make a CHANGE Day」のHPで全国の様々な取り組みを知ることができ、今後のボランティア活動の参考にさせていただきたいと思います。
質問3 今回の活動にこめられた想い、学んだこと、発見したこと、出会いなどアピールしたいことをご記入ください。
今回、自閉症の息子さんがいる飯野さん(実行委員長)と出会い、障害のあるなしに関わらずみんなで一緒に企画し、実施しました。実行委員は庄内地域(2市3町)と広域のメンバーで、実行委員、出演団体・個人を合わせると80名を超える大きな集団になりました。そして広告応援団(企業・個人)、後援(行政を始め県内のマスコミ関係)、シンポジウムのシンポジストの方(医療関係者、教育関係者)、映画の槇坪夛鶴子監督とたくさんの応援団を得る事ができました。
企画をすること、チケットを販売していく事、出演者や物販の方との交渉など、初めての事づくしでしたが、実行委員が徐々に一つになっていく感がありました。また、様々な場面で応援団が増えて行きました。最後まであきらめない集団となって当日を迎えられたという感動は、すでに来年に向けて動いています。思いのある人たちが、行動していけば、必ず形になっていくものだという事を学びました。
質問4 今回の活動で、何か変化がありましたか
最後まであきらめなければ、何ごとも何とかなるという事を実行委員一同学びました。思いは、きちんとした形にする事によって、必ずふれ合った人たちに届くという事も学びました。確定ではありませんが、今回上映した映画「星の国から孫ふたり」(自閉症児をテーマにしたもの)を地域の小学校でも上映したいというお話もいただきました。私達が活動を始めた事で、地域の障害者理解の促進につながる新たな活動に展開する事ができたのではないでしょうか。